藤沢市中小企業融資制度 創業支援資金【キュン☆スタ】

 

創業支援資金【キュンとするスタートアップ】

制度の概要

■開業前の個人や開業後5年未満の中小企業者の方がご利用いただける資金です。

以下のパンフレットをご確認ください。

【パンフレット表】 【パンフレット裏/対象確認書】(PDF形式)

※併せて「藤沢市中小企業金融のしおり」も必ずご確認ください。
信用保証料補助利子補給を実施。

***

■ご利用にあたっては下記の説明事項と、「申請に必要な書類等」>>「申込み手順」>> 「注意事項」>> 、を必ずご確認ください。

■申込受付は、湘南産業振興財団の窓口です。

【午前】 9:00~11:30  【午後】 13:00~16:30(土日祝・年末年始はお休み)

※書類の作成・審査等にお時間をいただきますので、時間に余裕を持ってお越しください。

制度の詳細

資金使途
藤沢市内で継続的な事業活動を新たに開始するための事業資金

(運転資金・設備資金)

※新規創業・新分野進出・事業転換・事業拡大等

貸付限度額
1,000万円(運転資金は500万円以内)

★すでに当資金を返済途中で残額がある方は、貸付限度額から申込時点での残額を差し引いた金額までの申込ができます。(申込時に返済予定表を必ずお持ちください)

※異なる金融機関で当資金を返済中の場合も返済予定表は必要です。

貸付期間
★運転資金5年以内(据置12か月以内)

★設備資金7年以内(据置12か月以内)
※運転・設備併用の場合は、1/2以上を占める資金の貸付期間

返済方法
元金均等割賦返済
貸付利率
1.8%以内(固定)(【特定】は1.6%以内固定)

利用資格

1 中小企業信用保険法に定める中小企業者(対象外業種あり)
2 市内に主たる事業所※を有し、市内において既に事業を営んでいること
開業前については藤沢市内に主たる事業所を有する予定があり、市内で継続的な事業活動を新たに開始する予定があること)
※主たる事業所とは
●法人・・・「本店登記がある事業所」 ●個人・・・「主となる事業所」
3 許認可等を要する事業の場合はその許認可等を受けていること/受ける予定があること
4 市税の滞納がなく、必要な申告義務を怠っていないこと
5 開業前の個人は藤沢市に住民登録があるもの藤沢市内に主たる事業所を有する予定があること
6 開業後5年未満の中小企業者(市内に本店登記がある方
7 NPO法人、医療法人等は除く
(保証協会の創業関連保証・創業関連等保証の対象となる方)
8 藤沢市内で継続的な事業活動を新たに開始するための運転資金・設備資金に限る

申請に必要な書類等

1 藤沢市中小企業融資対象要件確認依頼書(申込書) *(5枚つづり)

申込書の日付について申込書右上の日付は事前に記入しないでください。申請日当日の日付でなければ受付できないため、申請時に窓口で記入してください

代理人に委任する場合も日付は書かないでください。申請時に受付窓口で代理人に申請日の日付を記入していただきます。

2 印鑑(法人の代表者印(法人の実印)/個人の場合は認印)
3 許認可証等の写し(許認可等を要する事業の場合)

更新中で許認可証がない場合は、許認可番号、申請者控えをご持参ください。

4 見積書の写し(設備資金の場合に必要)
有効期限内かつ発行元の記名押印がされたもの(有効期限を過ぎている場合、受付できません)
★窓口で受付時、融資実行前に当該設備(車両以外)の売買契約、発注等が行われていないことを確認します。契約/発注されている場合は設備資金に含めることはできません。
★車両の場合は注文書等も可。
権利金、保証金、敷金は設備資金、運転資金ともに対象外ですのでご注意ください。
★不動産仲介手数料、手付金、前家賃は設備資金、物件賃貸の礼金は運転資金としてください。
参考:不動産の購入、賃貸時の資金使途について
5 個人事業者で市外在住の方は、事業内容が確認出来る書類開業届の写しなど)または直近の確定申告書の写し(税務署の受付がわかるもの。青色申告書があれば添付してください。市内での事業内容を確認します。)
6 返済予定表等(本資金をすでに利用している場合必須)
★本資金を既に利用している場合は、返済予定表など申請時における残額がわかる書類が必要です(貸付限度額から申請時における残額を差し引いた額が今回申請できる上限になります)。返済予定表をお忘れになると、融資申込書の発行ができない場合があります。また、以前お申込みで現在も返済中の本資金があるとき、今回のお申込みとは違う金融機関の場合でも、返済予定表の添付が必須です。
7 創業支援資金対象確認書(キュン☆スタちらし裏面)
8 ■開業1年以上5年未満の方■ 法人、個人ともに、①②のどちらも必須
法人 個人事業主
①法人の登記事項証明※写し可

②直近の決算書類一式
※電子申告の場合は法人税のメール詳細が必要です

【注意】

開業後1年経っていても、確定申告時期が到来しておらず、確定申告書がない場合は開業1年未満として扱いますので、事業計画書と履歴事項証明書を提出してください。

①個人事業の開業届出書の写し※受付印のあるもの
②直近の確定申告書一式(青色申告書があれば添付)
※電子申告の場合は所得税のメール詳細が必要です。
【注意】開業後1年経っていても、確定申告時期が到来しておらず、確定申告書がない場合は開業1年未満として扱いますので、事業計画書と開業届を提出してください。
■開業1年未満もしくは開業前の方■ 法人、個人ともに①と、該当する場合は②も必須
①事業計画書(神奈川県信用保証協会 様式5-1)
PDF形式   /   WORD形式
***
【参考】創業者のための信用保証のご案内
※事業計画書の書き方等載っています(神奈川県信用保証協会)
注意:●藤沢市内で継続的な事業活動を新たに開始するための運転資金・設備資金に限る
   ●事業計画書の5.の項目の金額は四捨五入しないでください(合計金額が変わるため)
   ご不明の点はご連絡ください。
②開業後の場合、①に加えて以下の書類が必要です
★法人は履歴事項証明書※写し可★個人は個人事業の開業届出書の写し※受付印のあるもの
9 【特定について】
特定創業支援等事業を受けた方は藤沢市が発行した証明書をキュン☆スタを申し込む際、他の書類とともに提出してください。
★特定創業支援等事業のメリット、証明書の申請方法等について、詳しくは上記リンクをご覧ください。
★証明書は下記①~③いずれかの条件を満たし、藤沢市に申請、認定を受けた方に発行されます。(メリット、証明書について
①創業セミナーを4回以上受講
・湘南創業塾(2~3月ごろ)、独立Navi(7~10月ごろ)のホームページ(藤沢商工会議所)
湘南創業塾、独立Navi
②インキュベーション施設に入居
一定期間入居し、インキュベーションマネージャーとの面談が複数回必要です。
・湘南藤沢インキュベーションセンター(通称:SFIC)
・慶應藤沢イノベーションビレッジ(通称:SFCIV)
③湘南ビジネスコンテストの最終プレゼンテーション出場者(ファイナリスト)
・湘南ビジネスコンテスト
10 【下記に当てはまる方の追加書類】
女性、若者(35歳未満)/シニア(55歳以上)の起業家は、身分証明書(保険証、住民票など、氏名、性別、生年月日等が記載されているもの)の写し
※女性、若者/シニアに該当する方は、利子補給が3年間になります。対象外の方は2年間です。利子補給制度についてはこちらをご覧ください。
11 委任状2部(代理で申請する場合) (市役所の納税確認用と財団の融資窓口受付用)
★納税確認時には本人確認書類の提示が必要です。また直近で納付した領収書も必要となる場合があります。

*申込書は藤沢市の融資窓口(公益財団法人湘南産業振興財団)と、取扱金融機関に常備しています。
*申込書の記入例はこちらをご覧ください

書類一覧

申し込み後の流れ(信用保証料補助/利子補給など)

■保証料補助、利子補給については下記リンクをご確認ください。
保証料補助>>
利子補給>>

 

取扱金融機関

金融機関一覧

次の金融機関市内各支店へお申込みください。(一部市外の支店も含まれます)

(金融機関の方等が代理で手続きをする場合、委任状2部と身分証が必要になりますので、必要書類等とあわせてご用意ください)

bt横浜銀行

藤沢中央支店(藤沢支店内)  藤沢支店 片瀬支店 鵠沼支店 辻堂支店 長後支店 善行支店(藤沢支店内) 湘南シークロス支店 湘南ライフタウン支店 湘南台支店 茅ヶ崎支店

bt神奈川銀行

藤沢支店 辻堂支店 六会支店 茅ヶ崎支店

お申し込み窓口・お問い合わせ先 公益財団法人 湘南産業振興財団 融資担当 〒251-0052 藤沢市藤沢607-1 藤沢市商工会館ミナパーク2階 TEL:0466-21−3813(直通) FAX:0466-24−4500 受付時間 8:30〜16:30(11:30〜13:00除)土日祝、年末年始休 書類の作成・審査等のお時間が必要になりますので、時間に余裕を持ってお越しください。

back to top